ニコチン依存症

煙草を吸う方でなくても、ニコチン依存症という言葉は聞いた事があると思います。煙草をやめられなくてもやめられない、吸えないとイライラしてしまう禁断症状が現れてしまうという依存症になってしまう事です。これは、最も大きな原因は、ニコチンには強い依存症があるという事です。

お酒は飲んでも、その中でアルコール中毒になる人の割合は少ないですが、煙草を吸う人はおよそ7割程度はニコチン依存症と言われている事からもそれはわかると思います。

ニコチンは、アヘン、大麻、コカインと同列の依存性薬物であるとされています。勿論たまにしか吸わない人や、吸い始めたばかりの人は依存症が低いと言えますが、煙草は食後だったり休憩時間だったりと、日常生活の中で習慣となってしまい易く、心理的にも依存し易い傾向があります。そうなってしまうと、自分の意志だけで禁煙をするのはかなり難しいと言われています。

精神的依存

何故ニコチン依存となってしまうかと言うと、煙草を吸うと血液中のニコチン濃度が急激に上がります。濃度がピークに達している間に脳にドーパミンが供給され、快感をもたらします。すると「煙草が美味しい」という感覚が生まれます。この「美味しさ」に精神的に依存し、いつまでも「美味しさ」を求めるようになっていきます。これを精神的依存と言います。

身体的依存

そして、血液中のニコチンの濃度が低くなると、落ち着きがなくなる、集中困難、欲求不満、不安等の禁断症状が起こり、ニコチンが欲しくなります。これを避ける為にさらに煙草を吸いたくなります。このことを身体的依存と言います。これを繰り返すと結果として、喫煙者は毎日喫煙本数の回数分、軽い禁断症状と回復を繰り返している事になります。

コチン依存症は現在では病気と考えられ、基準を超えると病院でも保険適用で治療が受けられます。最近は禁煙補助薬もチャンピックスやニコチンパッチなど、効果が高いものが多いので、禁煙を考えている方はこれらを利用してみるのもお勧めです。

禁煙補助薬について

禁煙補助薬で禁煙通販で禁煙補助薬を購入

煙草の基礎知識

煙草の歴史ニコチン依存症煙草の有毒性

禁煙しよう!

禁煙とは禁煙外来禁煙するメリット

体験談

禁煙はチャンピックスニコチンパッチで禁煙